資格取得までの道のり

弁護士になるルートは

弁護士になるためには、基本的にまず、法科大学院に入学しる必要があります。 そこで2年ないし3年勉強し、卒業修了すると、司法試験を受験する資格を得ることができます。そして、司法試験を受験して合格し、司法修習を経た後に弁護士登録すると弁護士として活動できるようになります。 ただ、弁護士への道は、法科大学院のルートだけではありません。実は予備試験のルートというものがあります。 この予備試験に合格すれば、法科大学院を卒業修了したのと同等の力があるとみなされ、司法試験の受験資格を得ることができます。そして、司法試験に合格すれば、司法修習、弁護士登録を経て弁護士になることができるのです。 このように司法試験を合格して弁護士になるためには、2つのルートがあるのです。

予備校や塾を活用した勉強

司法試験、あるいは予備試験に合格するためには相当量の勉強が必要になってきます。 勉強方法としては独学という選択肢もありますが、独学で合格するというのはごく少数です。 そこで予備校や塾などを活用するという選択肢が出てきます。予備校や塾は、試験問題に精通しており、その傾向や分析を活かした講義やテキストを提供していますので、多くの受験性が活用しています。 言うまでもなく時間は有限です。その限られた時間の中で勉強し、合格しないといけないわけですから、その点からしても予備校や塾を活用する方が近道だといえます。 ただ、予備校や塾の質もありますし、質があるとしても自分に合った講義かどうかという問題はありますので、無料体験講座などを活用して選択するといいですね。